焼ならしは加工による硬さむらや内部のひずみを取り除き、組織を標準の状態に戻す熱処理方法です。強度や延性が高くなるため、焼入れや焼なましの前処理としても広く用いられています。焼なましは鋼を軟化させて機械加工や塑性加工を容易にするための処理方法で、組織の均質化、残留応力の低減、物理的性質の向上に適しています。

設備

  • オールケース式設備

    メッシュベルト式設備

  • ピット式設備

    真空設備

  • 真空設備

    ピット式設備