ガス窒化(Gas nitriding)

窒化とは、鋼を500℃~600℃程度に加熱し、鋼表面に窒素を侵入、拡散させて窒化物を形成させたり、鋼中に窒素を過飽和に固溶させたりして硬化させる表面硬化処理法の一つです。その中でも、ガス窒化は窒化炉に直接アンモニア(NH3)ガスを導入し、加熱された鋼表面にアンモニアの分解によって生じた活性化した窒素(N)を侵入、拡散させて行われます。
活性化した窒素は鋼中の鉄やクロム、アルミと反応して硬い鉄窒化物やクロム窒化物、アルミ窒化物を最表面に形成します。
この鉄窒化物は化合物層と呼ばれ、組織観察では白く見えます。
窒化の主な目的は耐摩耗性の向上です。また、窒化処理は比較的低温で処理されるため、処理にともなう変形・歪みが少ないという長所がある。

ガス窒化(Gas nitriding)の特長

  • ・寸法変化がきわめて少ない
  • ・500~600℃程度の高温下でも軟化しにくい
  • ・窒素の侵入により焼入れ性が向上するため、安価な低炭素鋼が適用できる