ステンレス固溶化(Solution treatment)

固溶化処理とは、一般にオーステナイト系のステンレスに対して行われることが多く、18-8系のSUS304が代表的な鋼種です。
オーステナイト系ステンレスに熱間圧延や溶接を行うと組織中にCr炭化物や窒化物が析出します。これらは局部電池を作り、電気化学的に腐食が起きるため、析出したクロム炭化物や窒化物を拡散固溶させて均一な固溶体にすることによって安定した組織とし、延性、じん性、耐食性、耐熱性を向上させることを目的とします。その結果、ステンレス本来の耐食性が著しく向上しますが、併せて同時に再結晶も伴うため、軟化や内部応力の除去も行われます。

ステンレス固溶化(Solution treatment)の特長

固溶化処理

ステンレス鋼は、組織内にCr炭化物が析出すると耐食性が劣化します。Cr炭化物の析出は、500~800℃に加熱されたときに発生し、熱間加工後に徐冷した場合や溶接時の熱影響部にみられます。そこで、1000~1100℃に加熱し急冷することで、Cr炭化物の固溶を目的として行われるものです。

ステンレス固溶化(Solution treatment)の特長

SUS304の冷間加工後の組織写真(左) 固溶化処理後の組織写真(右)