歴史・沿革

ー西日本No.1シェアに至るまでー

1909年木村延一と筒井保太郎の両氏により大阪府東成郡中本町(現:東成区中本町)で熱処理業界の草分けとして木村鋼化工場が創業

創業者 木村延一氏と筒井保太郎氏

1939年「株式会社東洋金属熱処理研究所」を設立
※株式会社東洋金属熱錬工業所(1938年設立)と株式会社東研サーモテック(旧名称:東洋金属熱処理研究所)、東洋冶金工業株式会社(1953年設立)の3社は、木村鋼化工場をルーツとする熱処理専業会社です。

試験室が完成したころの本社工場

設立当時の東研

1960年巽工場を新設

1964年寝屋川工場を新設

寝屋川工場

1973年名張工場を新設

名張工場

1980年柏原工場を新設

1981年小野工場を新設

1985年セラハード事業部を新設
富田林工場を新設

1988年工業炉事業部(現:ファーネス&メンテナンス部)を新設

1989年三重工場を新設

三重工場

1991年播磨工場を新設
株式会社東研サーモテックに社名変更

1995年タイに現地法人「THAI TOHKEN THERMO CO.,LTD.」を新設

THAI TOHKEN THERMO CO.,LTD.

1996年マレーシアに現地法人「TOHKEN (M) SDN. BHD.」を新設

TOHKEN (M) SDN. BHD.

2009年セラハード事業部中部事業所を新設

2010年中国に現地法人「東研蘇州熱処理有限公司」を新設

東研蘇州熱処理有限公司

2012年メキシコに現地法人「TOHKEN THERMO MEXICANA, S.A. DE C.V.」を新設

TOHKEN THERMO MEXICANA, S.A. DE C.V.

ENTRY

この度は、弊社に興味を持っていただき、
ありがとうございます。