日本のモノづくりを支える「視えない技術」。

世界に一目置かれる「Made in JAPAN」クオリティを支え続ける「視えない技術」。
表舞台に出ることはあまり無いですが、釣針やバネ・クリップなどの小さな日用品から、自動車や産業機械などの精密部品、飛行機や船舶、鉄道などインフラ関連、建築資材や鉄塔といった超大型なものまで、身のまわりのいたる所のあらゆる製品に金属熱処理加工が施されています。
鉄を使用した製品は、その部品の一つひとつまでもれなく熱処理加工が必要で、金属熱処理加工はまさに社会の発展と切っても切れない関係と言えます。
この機会に、いつの時代にも無くてはならない「社会を支える仕事」を知っていただければ幸いです。

    • カテゴリーなし