金属熱処理の対応技術

焼入れ・焼戻し

焼入れ・焼戻し

焼入れは鋼の硬さや強さを増すために行う処理で、鋼をオーステナイト化するまで加熱し、水中、油中またはガス中で急冷する方法です。焼入れにより鋼は飛躍的に硬くなりますが、靭性が低下してしまうため、焼戻しを行うことによって、用途に最適な硬さと粘り強さを調整します。

真空熱処理

真空熱処理

処理品の表面劣化が少なく、高き光輝性を保つことができ、金型やその他さまざまな金属部品に応用することができます。さらに、イオン窒化やイオンプレーティング(PVD)との複合処理が可能なのは、トータルな熱処理技術と豊富な設備を持つ当社ならではの特色です。

ステンレス合金固溶化処理

ステンレス合金固溶化処理

ステンレス合金固溶化処理とは、炭化物などを高温で固溶(鋼の組織の中に溶け込ませる)させた状態から急冷して、高温の組織を均一化し、そのまま常温にもたらす熱処理である。その結果、ステンレス本来の耐食性が著しく向上します。

オーステンパー

オーステンパー

オーステンパーは、等温変態による特殊焼入れとして、バネ、クリップ、スプリング、リテーナーなど、小型部品に最適の熱処理方法です。通常の焼入れ焼戻しに比べて、部品のねばり強さや耐久性が格段に向上し、しかも焼入れによる歪が少ないなど、数々の特徴を備えています。自動車からOA機器まで、軽薄短小化する機械部品の品質向上に、大きな効果が期待されます。

浸炭

浸炭

金属(特に低炭素鋼)の加工において、表面層の硬化を目的として炭素を浸透させる処理方法です。表面硬度が高く耐摩耗性に優れ、表面は硬く、内部は硬さが低く、靭性のある処理品をつくることができます。

浸炭窒化

浸炭窒化

浸炭窒化は浸炭処理の一つの方法で、炭素と同時に窒素も侵入させ、焼入れによって表面硬化層を得る熱処理方法です。設備は、基本的にはガス浸炭炉と同じ設備を用いて処理を行っています。

ガス窒化

ガス窒化

ガス窒化法は鋼の表面から雰囲気ガスで窒素を浸透させる方法で、耐摩耗性に適した処理方法です。1923年にFry博士がNH3の分解を用いる方法を発表して以来の歴史をもち、その後、ガス軟窒化・イオン窒化など数々の表面硬化法が開発されていますが、より深い硬化層を得たい時にはガス窒化が最適です。当社では数多くのガス窒化炉を自社開発しています。

ガス軟窒化

ガス軟窒化

自動車、油圧機器、電子機器などの「薄物」部品の表面改質に用いられるガス軟窒化。ガス軟窒化は、変成炉ガス、窒素ガスならびにアンモニアガスを利用し、処理品の表面に窒素と炭素を浸透させる方法。特に耐磨耗性、耐疲労性、耐食性が要求される場合に適しています(耐食性は、亜鉛メッキからクロムメッキに相当)。

ガス浸硫窒化

ガス浸硫窒化

ガス浸硫窒化とは、あらかじめ作られた窒化化合物層の上に数ミクロンの硫化物層を形成させる表面改質法です。改質された表面層は、ベースとなる窒化物層の上に新しい付加価値として、耐焼付性・耐カジリ性を向上させます。

TECHNOLOGY 金属熱処理加工

       

金属熱処理に関するお問い合わせ

               

株式会社東研サーモテック 営業部

〒544-0015 大阪府大阪市生野区巽南3-6-10
TEL:06-6757-5681(月~金 9:00~17:00)
FAX:06-6757-6167
E-mail:info_heattreat@tohkenthermo.co.jp